ウォシュレットにおけるトイレの水漏れ

ウォシュレット 水漏れも日常起こりうるトラブルで、トイレのトラブルとしては、比較的深刻なものの可能性があります。よく起こるのが、ノズルから水が漏れているというもので、これはなかなか素人が発生原因を突き止めることは難しいです。下手に自分で修理をしようとして、壊してしまう危険性すらあります。なお、ウォシュレットというのはある有名メーカーの商品名であって、シャワートイレという名前を使っているメーカーもあります。ですから一般的には温水洗浄便座という名前を使用するべきかもしれません。
ともあれもしウォシュレットにトラブルが発生した時には、まず、止水栓を閉めてウォシュレットの電源プラグを抜きます。そうすればそれ以上の漏水は防げますし、電気による感電事故なども防ぐことができます。

■ウォシュレットのノズルのトラブル

ウォシュレットのトラブルは色々あります。その中でも特に起こりやすいことについて説明します。まず、よくあるものとしてウォシュレットのノズルから水が出続けて、それが止まらないというトラブルがあります。これはリモコンの電池切れが原因のことがありますので、電池を確かめてみましょう。ただし、コンセント式の場合はその限りではありません。次にノズルの弁の故障も原因となります。ノズルの中には水をコントロールする弁が付いており、電気の故障によりその弁が動かなくなることがあるのです。これは電気系統のことであり危険を伴いますので、あまり触らずに専門業者に頼む方が良いでしょう。
ノズルが出たままで引っ込まなくなるというトラブルもあります。これは内部のスプリングの故障が原因であり、手で押し込むと戻って直る場合があります。それを試してみて解決しない場合は、速やかに専門業者に頼みましょう。

■ウォシュレット本体からの水漏れ

水漏れの原因は、その多くはノズルの場合が多いのですが、ウォシュレット本体からの水漏れもあります。この水漏れが便座の脇から出てきて、そのまま床を濡らしてしまうこともあるのです。
ウォシュレットの水は、内部の細いホースを通ってノズルから出てきますが、途中で切れて水がノズルまで達しないと、水はそのまま内部で漏れてしまいます。こうなると感電の危険性も高まりますので、手を出さない方が賢明です。このような場合にまずすることは、止水栓を閉めて電源プラグを抜き、その上で専門業者に相談することです。
また、本体のトラブルとしては、水抜き栓から水が漏れている場合があります。これも素人には難しいので、やはり専門業者に頼むべきです。

■まとめ
ウォシュレットの水漏れは、そんなに簡単に直せるものではありません。また、電気を使うものだけに感電の恐れもあり、できれば手を出さない方が良いでしょう。単にノズルが引っ込まなくなったから押して直したなどという程度のものならば、業者を頼むこともありませんが、現実にはウォシュレットの水漏れ原因には様々なものがあり、それぞれに修理の方法も異なります。水漏れを発見したらまずそれがどこからなのかを観察し、それを修理業者に伝えることが、一番大切なことなのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ