トイレの水漏れチェック

トイレ 水漏れは、一体なぜ起こるのでしょうか。その原因はいくつかあります。先ず最大の原因は経年劣化です。物には必ず寿命があります。長く使い続けると、どうしても物自体が脆くなり、壊れやすくなっていきます。ひび割れや破損は、そのものの寿命を意味していますので、当然交換を考えなくてはならない時期を示唆していることになります。地震などの衝撃でひび割れたりすることもあります。給水管のパッキンなどの劣化が原因となることもあります。

■水漏れをチェックする

トイレの水が漏れていることを確認したら、まずその状態をチェックしましょう。その際に注意することは、まず止水栓を閉めて水を止めることです。こうすることで、これ以上の漏れは防ぐことができます。次に水が漏れている周辺を隈なく調べます。便器周辺に水が漏れている場合は、漏水している箇所が別のところにあることがあります。タンクや排水管、便器本体などどこからの漏水なのか、さらに調べる必要があります。
もし、便器周辺への漏れがない場合は、タンク内の問題ということになります。なお、良くあることとして水漏れではなく、結露によってタンク全体が濡れていることがあります。この場合は換気をすることで結露はなくなります。

■水が止まらない時のチェック

便器の水が流れ続けて止まらなくなることがあります。これも水漏れのひとつですが、この場合にもどこに問題があるのかを究明するためのチェックポイントがあります。まず、浮き玉が浮いているかどうかをチェックします。浮き球が排水を止めていますので、沈んだままだと水が出続けることになります。次に浮き玉に繋がっている排水管からの水漏れもチェックします。さらにタンク底にあるオーバーフロート弁が外れていないかどうかを調べます。これも外れていると、タンク内の水が便器に流れ続けることになります。あるいは、オーバーフロート弁を繋ぐ鎖が切れたり絡まったりしても水は止まらなくなります。最後に縦に立っている長いオーバーフロート管も調べましょう。折れたり穴が開いていたりする場合があります。
もし、これらの部分に異常があればそれを直すことで水を止めることができます。

■まとめ
トイレの水漏れは様々な場所で起こりえます。それだけにきめの細かなチェックが必要になってきます。漏水がトイレの外側の場合は、タンク、給排水管、便器に問題がある場合が多いです。配管ならば劣化によるひびやパッキン、ナットの緩みが原因となっていることが多いです。緩みならば締めなおせば直りますし、劣化は交換で対応できます。また、ひびは補修材で応急処置はできます。いずれの方法をとるにせよ、水漏れを見つけたらまずは専門業者に見てもらって、対応を検討するのが一番得策なのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ