水漏れでトイレを交換する場合について

トイレの水漏れ箇所が特定出来て、それが自分で直すことができず、さらに業者を呼んでも直らない場合は、トイレの交換を考えなくてはなりません。しかし、現実問題として便器自体を交換するというのは、そう多いことではありません。

■トイレを交換しなくてはならない場合

トイレは、便器に何かが詰まって水が流れなくなっても、業者に頼めば流れるようになります。また、タンクからの水が流れたままになったり、あるいは流れなくなったりしても、業者に修理を依頼すれば直すことができます。その他、排水管や給水管の破損は管の交換などで直りますので、トイレ自体を交換するというのは本当に稀なことだといえます。それでは、どんな時に交換になるのでしょうか。それはやはりトイレ本体が壊れたりした場合でしょう。一般的な便器は陶器で出来ていますので、意外と衝撃には弱いのです。何か物などを落として壊してしまうことは案外起こりえます。そんな時はなるべく早く交換することをお勧めします。そうせずに修理のみで使い続けていると見栄えも悪いですし、思わぬ事故や別の箇所の故障に繋がる可能性もあります。

■トイレの交換

トイレは自分で交換することもできます。しかし、これはかなり大変な作業で専用の工具も必要ですので、よほど自信がある人以外は決してお勧めできません。しかしどうしてもしてみたい人のために、簡単な注意点について説明します。まず、便器の購入ですが、この際に注意することは、多少高価でもきちんとしたメーカーの物を買うことです。安いからと言って決して粗悪品を買わないよう気をつけましょう。また、排水位置の確認も必要です。排水管は壁か床のどちらかに繋がっていますが、床排水の場合は排水芯の位置によって便器の種類が特定されてしまうことがあります。そんな点も注意して便器は購入しなくてはいけません。次に、排水管と給水管の接続には注意が必要です。うまく接続できないと、それが水漏れの原因になることもあります。なお、便器の重量は相当ありますので、落としたりすることがないように気を付けましょう。また、割れたりひびの入った便器で思わぬ怪我をすることもありますので、その点も注意が必要です。最後にウォシュレットの接続には細心の注意が必要です。これは水と電気の両方を扱うために、感電リスクが非常に高まるからです。

■まとめ
以上のように、トイレの交換は自分でするにはとても大変であり、リスクもあります。水を扱う以上、作業途中で給水管や排水管を破損してしまったりします。また、温水洗浄便座の取付は電源との接続が必要になりますので、電気工事の知識も必要になってきます。もし、トイレが破損したりしてどうしても交換が必要になった時には、自分で直そうとはせずに、最初から専門業者に任せる方が賢明だといえるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ